ロード日記~3つの趣味を持ちましょう~

釣り、自転車、カメラなど趣味の日記です。 最近は自転車にはまってますのでこれがメインです。 その他、思いのままにあったことを書いてくブログです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Campagnolo Bullet Ultra 50 Cult 使用レポ

正月も3日になって、やっと自転車に乗れることになった。
ニューホイールのBulletを履いての初めての試走になる。
BulletとPro4、Latexチューブの乗り心地も感じてみようっと。

IMG_3452.jpg
<見た目>
比較的、地味めな印象である。CampagnoloのロゴもBoraと違ってややみずらい。リムハイトが50mmあるがそれほど圧迫感というか存在感がないように感じた。デカールデザインとカラーリングのせいなのかもしれない。
これは、けっして否定的なものではなく、最近の傾向なのか強く主張するようなデザインは流行らないのかもと思った次第。

<走行感>
走りだしの感じは確かに軽ーい!というわけではなかったが、ヌルヌルという表現が合うようなスムースな回転があった。回転がなめらかでなんか高級感があるような気がする。
低速でもコォーーーというディープリムの音がする。加速はドーンと出るようなことはなく、スーッと加速していくような感じだった。やや追い風だったこともあって、スピードを出すことは難しくなかった。
一気に加速するのではなく、徐々に上げていくとラクに速度を乗せることができた。その後の減速もReynoldsよりはゆっくりだったような気がする。向かい風や疲れてきてからはいつもと変わらないのでこれも好感触。

全体的に、レース趣向じゃないんで急な加減速はしないし、ロングにはよいかな。
ヒルクライムについてはわからないがReynoldsより100g重いのでそれなりではないかと。

<乗り心地>
そして、Pro4+Latexチューブによるものか乗り心地がとてもよかった。空気圧は8気圧なのであきらかにGP4000Sよりもよいと思う。一般的にはディープリムの乗り心地はよくないはずなので、タイヤの違いなのだろう。
ホイールの違いなのかどうかが分からないのがなぁ。しかし、段差等でショックが少ないというのは疲労回復に役立つんだなとちょいと感動。耐久性については今後を見守らなければいけないが、ロングライドをやって体感してみたい。

Cultベアリングの影響なのかリアのラチェット音が全くしない。停止状態で空回しして耳をすませば聞こえるが走行中は、「全くの無音」だった。

あまりにも音がないためとっても静かなラグジュアリーカー的な気分になってしまうが、正直いって困ることがある。サイクルロードを走っていたり、誰かの後ろについても、
「本当の無音なために通行人や前走者が全く気付かない」
ベルを鳴らすものイヤなのでしばらくつけていなかった、カウベルを復活させてみようかな。
下りで足を休めていても無音なのでなんだか変な気分だ。

IMG_3454.jpg
一時間ほどで江の島に到着。車は大渋滞。天気は曇りで肌寒くちゃっちゃと写真を撮ってしまう。

IMG_3455.jpg
写真ではわからないが、赤いニップルが回転すると赤い輪っかのように見え、面白かった。

IMG_3457.jpg
後ろから見ても、あまりハイトが目立たない。デザイン的なものなのか。

IMG_3458.jpg
帰り道、CO2ボンベ2本を保持していたアタッチメントが金属疲労で折れてしまった。
下の商品をちょうど1年前に購入し、ブルベに使ってきていたが、幸か不幸か一度も役に立つことはなく寿命となってしまったようだ。テコの原理が働くとはいえ、もちょっともってもらわないと。また、新たにかわなくちゃ。

あと、せっかくのニューホイールだからブレーキシューも交換しようっと。

IMG_2323.jpg
スポンサーサイト

| ロード パーツ | 22:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新ホイール Campagnolo Bullet Ultra 50 Cult Dark Label

ブルベ用としても普段使いとしても使える新ホイールとして選んだのが

Campagnolo Bullet Ultra 50 Cult Dark Label (Campy HUB,クリンチャー)

IMG_3384.jpg

Bullet(バレット?ビュレット? 俺はバレットというけど)はカラーが赤と黒の2色だけど、メラクに赤はないと思うので黒(ダークラベル)にした。
今年のメラク完成車がバレットダークラベル搭載なので、完成車と間違えられるリスクはあるんですが、やはりこのカラーしかない。

今使っているREYNOLDS Solitude 32Cのベアリングにガタがでていて時間の問題だったので早急に選ぶことになった。クリスマスプレゼントとして。

Bora One,Cosmic Carbone SLR,RED WIND,Mavic R-SYSなどを物色したが
ブルベ利用を考えてアルミリム、ディープリム、軽量をキーワードに選ぶと
コスカボかRed Windだが、RedWindは設計が古い、コスカボはSLは重いためSLRがよいのだが高価。
それにカーボンスポークが不安なのと、リムとの接続部に穴が開いているため雨水が溜まるとのこと。

カンパで統一の意味もあって、Bora Oneは将来にとっておくとして、めでたくBulletとなった。
さて、Bulletで最も重量を軽くできるのはCULT仕様のみ!普段使いを考えると50mmハイト!
従って、Bulletを買うならこの仕様一択です。

2Way-Fitが待ち望まれたが、しばらく絶望なのでやむをえないところ。

さて、箱から出していきましょぉ

≫ Read More

| ロード パーツ | 17:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブルベサドルバッグ再考 suewのサドルバックを注文した

ブルベを始めて、買ったバッグはCarradice Berleyだった。1年しか使っていなけど、味のあるポッケ付きデザインは見ていて飽きることがない。少々汚れやすいのも開けにくいのもそういうものと思って使っていたし、いつか乗りたいクロモリのためにもあって損はないと思っていた。

しかし、取り付けには専用キャリアが必要である。そのキャリアはシートレールにつけるため、シートの前後位置に制限が出てきてしまう。自分はもう少しシートを前に出したいがキャリアがジャマして出せないでいるのだ。

DeRosa MerakはISPのため、シートポストにアタッチメントをつけるタイプのバッグは使えない。
なので、DYNAとかは無理である。他の代表格はオルトリーブ サドルバックLなんだろうが容量が少ない。

軽量・アタッチメントいらず・防水・10L入る

この条件を満たすものはないものかとふと探してみると
ブルベ専用ともいうべきサドルバックを見つけ、思わず注文してしまった

【suew Fast Cruise β】
IMG_0935.jpg

製造は「suew」という国内で千葉の小さなショップ(メーカ)のようだ。この12月にオープンしたばかりらしく、インプレも少ない。
ホームページによると、多数のオプションと軽量性・防水性が売りのようである。

製品選択にあたって比較したのは以下3商品

1.Carradice Pendle
11リットル、610g
 wiggleで40£

2.REVELATE DESIGNS(リベレイトデザイン)Pika
 12リットル、350g
14800円

3.suew Fast Cruise FC-β
 11.5リットル、306g
12300円(ベーシックモデル)

参考.Carradice Berley
7リットル、550g

Carradiceの場合はBagmanアタッチメントが500gはあるので余裕で1kg超える。Berleyでは輪行袋のほか、着替えをの夏ジャージ上下を入れるとパンパンで余裕がなくなってしまっていた。
なので、400km以上のブルベには10L以上の積載性が必要と感じていた。

リベレイトデザインのPikaは最初に見つけたものでデザインがよい。アラスカ生まれでMade in USAらしい。よいのだが、調べてみるとどうも防水性があまりないようだ。

次に偶然見つけたのが、suew。生地はヨットの生地でX-PAC-VX21というらしく生地自体は完全防水。ただし、縫い目があるため浸水はあるようである。縫い目をシーリングしたければシーリングテープを売ってもらえるので自分でアイロンでつければよいが、どうも素人には難しいらしい。
衣類はどちらにしろ、ビニール袋に入れるので大丈夫だろう。このほかにFC-αという6リットルモデルがあり、こちらは生地のカラーを選ぶことができる。ちなみにFC-βはブラックしかないが、ベルトのカラーは自由に選択できる。

シートポスト部のベルクロが足に干渉しないような工夫があったりと感心したので以下の仕様で注文した。
写真はシンプルなベーシックモデルでこれにオプションを追加する。
現在、納期は手作りのため、2週間~1か月ほどを要する。

・Fast Cruise β ベーシックモデル [本体カラー:ブラック, ストラップカラー:レッド][12,915円] * 1 (12,915円)

・セーフティリフレクティブテープ(再帰反射テープ)[0円] * 1 (0円)
 →ブルベ的には必要だろう。

・セーフティリアライト(NiteIze対応)アタッチメント[420円] * 1 (420円)
 →ロールなので通常のライトがつけられないため、こういうオプションがある。

・ショックコードループ&ショックコード[945円] * 1 (945円)
 →上部にゴムヒモを通せるように。カッパなどを一時的に挟んでおくのに便利。

・上面アタッチメントループ[840円] * 1 (840円)
 →さらに大き目の荷物をバッグ上部に積んでヒモでしばったりするのに使う(かな?)


思うに上記は標準仕様でもいいんじゃないかと思う。これだけつけると15000円くらいする。
このタイプのバッグはCarradiceのような上部から開けるバッグに比べて欠点がある。
それは、荷物を出さないと奥のものが取れないということとダンシングで振られるんじゃないかと。
ポケットがないため、アメやクリーム、補給食などをいれておけない。これらはトップチューブバッグを持っているのでなんとかなるのだが。suewもそのあたりは考えていて、シャリポケという補給食フロントミニバッグみたいのが出ている。

あと、FC-βはFC-αよりも幅が広そうなので、ペダリング時にフトモモに触れるのではないかというのが心配。

荷物についてはパッキングを工夫してできるだけ重心をサドルに寄せよう。

商品到着は来年になりそうだ。

| ロード パーツ | 00:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TOPEAK FUELTANK Size L

だいぶ前ですがトップチューブバッグを変更しました。
TOPEAKのFuelTankでLサイズです。

046.jpg
以前のもの。上面にスマホが入るやつ。実際はあんまり使えなかった。

119.jpg
トピークバージョン。メラクは天気がいいのでカメレオンテなカラーになってます。

120.jpg
結構存在感があります。ブルベでここに入れようとしているものは
・カギ
・ドリンク粉末
・パワージェル
・携帯バッテリー
・アメ
・iPhone
これらがちゃんと入ります。

121.jpg
122.jpg
お、アミノバイタルプロが。結構細身かつ縦長でヒザに干渉することもなく、ベルクロも比較的キレイに処理されています。さらに、取り出し口がサイドオープンでなく、上部チャックなので余計なベルクロでヒザを擦りむくこともありません。Good!!

ブルベ的にいいのは、チャックが防水チャックのようなタイプで浸水しなそうなこと。実際雨にふられていないので効果のほどはわかりませんが。
購入時は中敷きがありましたが、そんなものは不要。荷物はガサッと入れるのが最も効率的で取り出しやすいと思っています。

欠点としては、フロント側の取り付け方。ヘッドチューブにベルクロを回してペタッとつけるだけなので横に倒れてきてしまい、ダンシングなどによってバッグが倒れ気味になります。

ベルクロは、ヘッドチューブに1本、トップチューブに2本ですが、ヘッドチューブがループ状になっていないため締め付けがどうしても甘くなることが原因です。しょうがないのでトップチューブ側2本をキツく締め上げておきます。

| ロード パーツ | 00:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Rudy Project RYDONパーツ変更

□Rudy Project RYDON 調光クリア
イメージを少し変えたくてカラーを変更していみようと思いました。
ノーズパッドは全世代のエルゴ2、それにツルを購入。2400円くらいです。

IMG_2394.jpg

IMG_2393.jpg
変更前はKUOTAに合わせて白赤でしたが

IMG_2396.jpg
ブラックでちょっとしまりが出ました。

IMG_2397.jpg
なかなかよろしい。RYDONは小顔のほうが向いているようで自分のようにヘルメットサイズがLとかの人だとうまく調整しないと頭が痛くなります。ノーズパッドも先のとがった部分が鼻筋にあたって痛い。
柔らかいことを期待してエルゴ2を購入しましたが、「硬くて曲げるのが一苦労」でした。
自分の鼻の形に合わせるには前後調整だけではダメで、ペンチで中間を無理やり曲げてなんとかなった感じ。

新しいアイウェアが欲しいな~。すでに試着済で狙っているのは

SWANS SOU-N2C
Oakley Radar Path ASIAN Fit
Oakley Flak Jacket ASIAN Fit
Oakley JAwbone ASIAN Fit

です。高いので調光は無理だと思いますが・・

| ロード パーツ | 21:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT