ロード日記~3つの趣味を持ちましょう~

釣り、自転車、カメラなど趣味の日記です。 最近は自転車にはまってますのでこれがメインです。 その他、思いのままにあったことを書いてくブログです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

TOYO TYRE 箱根ヒルクライム(結果)

いってきました。箱根ヒルクライム。
全長、13.5kmくらい。平均7%ですが、ほとんどが10%勾配です。
写真はなぜか回転できないので全てヨコ向いています。


朝8:00に家を出て東名を経由して小田原へ。この時、8時頃に中央高速の笹子トンネルが崩落していたなどどは夢に思わず。
全く渋滞せずに9:00には現場に到着してしまった。

朝の平地の気温は約9℃。今季最高の寒さとのことで、迷いに迷って選んだウェアは以下の通り。

OUTWET EP2
Assos ij.intermediate_s7
Demarchi Contour Ultra BIB tights
Demarchi Winter socks
Campagnolo Winter Shoes Cover(Neoplane)
Assosインナーグローブ

これに下山用装備として、
Castelli Fusione jersey
Castelli ウィンドブレーカー
Demarchi winter Glove

駐車場の小田原アリーナから会場までは約20分。

IMG_0389.jpg
いつもの公園。自転車を無造作においてあるけど、よく盗まれないなと思います。
ゼッケンとお土産もらってリュックにいれます。今年はシューズを入れる袋でした。持ってるしな~と
Webを見たときに特性ジャージがあるのを確認していたので、購入したかったのだがどこを見てもない。
ここではなく、ゴール地点か?
分からないのでまずはスルーします。10:30までに荷物をトラックに預けてスタート地点へGO
ちなみに公園内のトイレは激混みですが、スタート地点にはたくさんトイレがあるので急ぎならスタート地点へ行ってしまった方がいいです。

IMG_0391.jpg
ズラーッと並んだ自転車。なかなか壮観な図。
私のクラスはロードC。昨年は確か自転車もったまま、待っていたと思うが、今年は6台ずつ地面に並べてましたよ。バイクやホイールはどんなものを使っているかよくわかるので見ていて飽きない。
というか、みんないいもの持ってるな~。

ちなみに先頭がAクラスです。年齢順なのです。気のせいか後ろにいくほどホイールが高級になっているような気がする。

IMG_0392.jpg
さて、ワタシのMerakも横たわります。ブルベ装備は外し、工具も持ちません。当然、パンク=リタイヤ覚悟です。
というより、この道路上が寒い!早くスタートしてほしいものです。

IMG_0394.jpg
さて、スタートです。

IMG_0395.jpg
50人くらいずつスタートしていきます。去年は意気込んで先頭からでしたが、今年は2グループめ。スタート前にインナーにいれて待ってます。

去年はあんなに大変で、足がつったりしたのたが、今年は最初からインナーローで回し延々と続く10%勾配を登っていく。ところどころ現れる緩斜面が天国に思える。
コースプロフィールは確認していなかったが、昨年の記憶で走っていた。どんどんぬかされるが、まあしょうがないなと思いつつ、たまにリキを入れてみたりくじけてみたり。
最後まで食らいつくほどの根性も体力もございません。

最後には最終クラスの女子が追い上げてきた。女性もここまでくると早い、というより軽い体重のせいかたんたんと回していて呼吸も荒くない。こういう人ってほんとに早いんだろうなと感心してしまう。

ウェア的にはタイツは防風でなくてもよかったかもしれない。上半身もアンダーをOUTWET LP1でも問題がないだろう。ただし、10km過ぎに出てくる下りに入るとかなり寒い。

従って、フロントジッパーを少し開けるだけでこの装備でも問題なしだろう。タイツは防風でなくてもいいが、きっと下りがキツいと思う。
グローブはインナーだけで十分であった。

しかし、今回はなにより重宝したのは、なんといってもシューズカバー!!
当初は、トウカバーにしようかと思ったが、ネオプレーンの厳冬期用にして大正解だった。
足先が冷えると足裏がつったりするのでとにかく先端は冷やしたくなかった。
当然、ダウンヒルにも大活躍。

そして、タイムは「1'21'55」クラス別で900人中300番ちょいです。去年よりはあがったかな。
と思って昨年のタイムを確認したら「1'20'50」だって。1分遅いじゃないか!
何も進歩していない。ガックリ。
まあ、ヤビツに登っていても追い込んだことないし、やっぱトレーニングが甘すぎるのかなあ。

IMG_0396.jpg
ゴール後は、寒すぎて外にはいられない。荷物もらって、下山装備をつけているのだが。
大観山の施設の中が温かい。ここで修了証をもらうが、これはいい配慮だ。中は大混雑ではあるが、暖かいに越したことはないのだ。こんなの外でまってたらホントに地獄。

そういえば、グッズショップはやはりゴール地点にあった。すかさず、ジャージをゲット!
Mサイズなのにやたらと大きいのが目についたが。\4000ナリ

修了証の発行も昨年よりかなり進歩している。PCとプリンタが何台も装備され、その場でプリントされてクリアファイルに入れてくれた。

上の写真はT-SQUAREのなんたらいう人がゲストでトークショー
悪いがこっちは下山待ちなのよ。そうこうしているうちに、2時で下山が始まった。

IMG_0397.jpg
なんと、初雪観測。ユキはちょっと困ったなぁ。一刻も早く降りたいので下山はできるだけ前にいく。
これもカタマリで降りていく。中段以降に行くと落車が心配なので、先頭から下山開始。

30km/hくらいで降りるためほぼ常時ブレーキをかけている。ウィンターグローブをしているが、このスピードでも指先がかじかんでくる。このグローブでは真冬のブルベは無理だな。

下山にかかった時間はちょうど30分。ヤビツだと20分なんだがな。
雪は降るものの道に積もるほどではないが、午後5時にターンパイクはチェーン規制がしかれたそうだ。
ネックウォーマーはホントにありがたい。下山には必須だね。でも、耳が寒いのでスカルキャップを持ってくるべきだった。

IMG_0399.jpg
駐車場到着。
昨年は、いろいろと不手際もあったが、ヒルクライムチャレンジシリーズになったせいなのか、運営がいろいろと改善されており、進化を感じた大会だった。
惜しいのはゴールしてからどこへ行けばよいのか何をすればよいのかが、わかりずらかった点かな。
番号の書いたカンバンとか出してもよかった気がするが、また来年に期待です。

帰りは笹子トンネル事故の影響なのか、東名は渋滞してました。
帰って風呂に入って、楽しい一日が終了です。
スポンサーサイト

| ロード イベント | 00:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CCライド~荒川~に参加した

本日はLongRideFan.comが主催するライドイベントに参加しました。
イベントの目的はチャリティー。一人1000円の義捐金を募金します。本日は荒川CRを上流までいってメシ食って帰るというイベントですが、時期によっていろんな場所でやるようです。
今回は、「マイキャラジャージ」を発注したので、私の特徴を知って頂くことも目的です。

さて、本日は「この冬一番の寒さ」らしい。なんてこった。心配をよそに6:30に家を出発し、一路、集合場所の岩淵水門へ。
高速はとてもすいていて1時間で到着してしまい、集合時刻の8:30まで車で仮眠。

IMGP3301.jpg
外へ出ると手袋なしでは、寒さで手が痛い。でもランナーやローディが結構いるんだね。荒川は初めてなのでいろいろ写真をとってみた。
IMGP3304.jpg
IMGP3305.jpg

≫ Read More

| ロード イベント | 22:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011スーパーヒルクライム

2011/10/2 曇り

前日も晴れ、幸運にも雨が降らずに迎えることができた久しぶりのレース。
釣りにせよ、自転車にせよ大会ってのはモチベーションがあがるしこの雰囲気が好き。
まあ、人と競える足はないので、あくまで「参加者」です。はい。

□起床
 いきなり寝坊。
 友人の「小田原についたよ~」電話で目が覚めた。時計を見ると7:10。これはDNSか?
 とにかく、急いでウェアを着て7:20にソッコーで車を飛ばす。東名は奇跡的にすいていて
 8:30過ぎに小田原アリーナ駐車場に到着。
 そこから、7kmほど自走して9:00前に受付会場となるスタート地点横の公園に到着した。ギリギリ。ホントによくまにあったよ。
 083.jpg

このレースはMt.富士のように事前に参加券とかパンフとか一切送付されません。
ゼッケン番号がメールで送信されてくるので、それを受付の女性に告げてエントリーとなります。
当日受付ができるとてもありがたいレースですが、参加者が増えてくるとどうなるのでしょうか。応援したいと思います。

エントリーするとパンフとゼッケンと荷物出し用のビニール袋と計測チップが渡されます。自分は色つきの袋に荷物を入れ、それをビニール袋に入れました。「目立つようにする」富士の教訓です。

さて9:30が荷物預かりの期限です。10時前にスタート地点へ移動します。

≫ Read More

| ロード イベント | 01:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011富士ヒルクライム(あとがき)

初めてのヒルクライムなので佐渡同様にテンションがあるうちにまとめを書いて忘れないようにします
だいたい、1回目はマジメに書くけどたぶん来年からはスタートしたらいきなりゴールして結果だけ書くことになるはず。

タイムは何も自慢できるものではないけど、とりあえず今年の所感はというと

□走り方
・長いけどキツくて回せなくなるものではない。
・斜度的にも負荷的にもヤビツより軽いので精神的にはラク
・キツいところはケイデンスをキープし、緩くなったらダンシングで加速、この動作を足をつらずに繰り返すことができるかどうかがポイントなのでそういう練習をしなくてはいけない。
 3合目くらいまではなんとかできるが(1時間くらい経過かな)それ以上は加速のダンシングではなく休憩のダンシングになっちゃってる。特に山岳スプリット区間なんて無理だった。

□補給
・ドリンクは500ml1本でいい。
・補給はゼリー1本で十分。

□ウエア
・晴れならウォーマ不要。
・個人的にはサングラス不要。
・半袖短パンジャージ、インナーでOK。
・下山用は着替えの長袖シャツあると便利。その上にウィンブレがあればOK
 冬用グローブ(インナーグローブでもOK)、シューズカバーは必須と見た。

□会場
・荷物用の袋は自分だけ分かる目印としてペンキやテープ、シールなど張っておくと見つけやすい。
・上用荷物預かりが6:15までで5:50に会場到着したのに、もうつみ終わってるところがあった。早いよ。
 でも到着はこのくらいで十分。
・現場が寒いなら待機用ウェアを着ていてもよい。会場預かりの荷物にすればよいから。来年もこの
 システムがあればいいけど会場預かり用に袋を別途持参すること。
・ハイランド及び今回のホテルから自走しても15分程度。

□カメラ
・景色が変わらないため車載カメラは以外につまらない。Optioは曇り空に弱くシャッター速度が上がらん
・インターバル間隔15秒にして、2時間50分くらい使ったら電池がなくなった。
・誰かがやっていたが、後方カメラが面白いかも。来年は2台体制にしてみる。

□その他
・エントリー時の申告タイムは90分にしたほうがスタートが早い。(5000番台くらいか)
・自分もそうだけど、工具はなくてもチューブは持ったほうがいい。何も持たずパンクして立ち往生してる人を何人も見た。
・吉田うどん残念

| ロード イベント | 01:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011富士ヒルクライム(レース)

さあ、初めての富士ヒルスタートです。

ボトルにはグリコ(クエン酸&BCAA)、補給として同じBCAAの濃縮タイプピーチ味を2本入れてスタートした。
そういえば、佐渡の時と違ってチームジャージやレプリカ多かったな。カラフルで好きだけど同じ人にあってしまうのはしょうがないね。
チームジャージってパッドが良くないのが多いから短距離イベントしか出番ないと思う。
7:37(Optio読み)スタート。
IMGP1916.jpg

≫ Read More

| ロード イベント | 22:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。