ロード日記~3つの趣味を持ちましょう~

釣り、自転車、カメラなど趣味の日記です。 最近は自転車にはまってますのでこれがメインです。 その他、思いのままにあったことを書いてくブログです。

2013年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【番外】ウィンターシューズ ソレル・カリブー(SOREL/CARIBOU)

久しぶりのブログ更新です。今回は自転車モノではなく、極寒仕様ウィンターブーツです。
年末にカマス釣りに行ったのだが、夏用ラジアルブーツは足先が冷たかった。冬用のブーツとしてシマノのワイドタイプのラジアルがあったものの、シーズンのためか売り切れ。サイズ的にも3Lではややキツかったのもあり他を探した。
ググっているとカッコいいブーツを発見し、原宿のICI石井スポーツで購入となった。

IMG_4291.jpg
サイズは29cm(11インチ)。日常の靴は28cmであるが、少し足先に余裕があるほうが冷たくないとのこと。
サイズは靴下込みでちょうど良い感じだ。
薄い色は汚れが目立つ。なのにこの色にしたのはわけがある。

IMG_4294.jpg
いやあ、巨大だ。確かに車の運転は危ないかも。2013年モデルなので既にmade in chinaです。
ソールはおなじみのイボイボタイプ。雪道でないと減っちゃうだろうな。

IMG_4292.jpg
防水ヌバックの綺麗な質感。スエードの質感は手触りがいい。皮の厚みは約2ミリ。インナーを外してもなんとか形を保ってはいるが、すぐにペタペタになるでしょう。

IMG_4293.jpg
こう、なんというか縫製の甘さが目立つがこういうものだと思おう。

IMG_4298.jpg
かなり、インターネットをあさって調べた結果、ミンクオイルで保護することで長期間使用することができ、汚れからも守れるとのこと。
船の上で海水を被ることを想定していた(今となってはやらないんですが)ため、オイルアップを早期に決断。
KIWIなど数種類を調べたが、変色性が少なく混じり気の少ないモウブレイのミンクオイルにした。
KIWI防止オイルは栄養分がないらしくて却下、モウブレイは以外とデパート、ブランド店など高級店へ行くとおいてあるため入手性もよかった。

ミンクオイルとREGALのブラシ、オイルを塗り込むためのモウブレイのぺネトレイトブラシも用意。
指で塗ると間違いなくガッチリと濃く塗り込むことができるが、初回は吸い込みが強いため指では全く濡ることができない。モウブレイはほぼ固形ワックスみたいなもん。クリームみたいに均等に塗るのはかなりコツが必要そうである。
指に取れば溶けて透明の液体になるのである。

REGALブラシでは大きすぎて塗りづらかったのが、ペネトレイトブラシを使うことで楽にぬることができ効率が上がった。
ペネトレイトで塗り広げ、REGALブラシで馴らしていく。最後に布で乾拭きを行った。

IMG_4300.jpg
おおおお!いい感じの色だ。モウブレイは変色が少ないんじゃなかったのか?
知らずにやったらかなりショックだが、自分が欲しい色合いなのでGOOD!

IMG_4301.jpg
未処理の方と比べるとかなり違う。

IMG_4303.jpg
スエードの起毛はオイルでペタッと倒れてなくなり、いい色合いになった。
はっきりいってムラは出まくりである。しかし、ワークブーツみたいなムラがいい感じだ。

IMG_4299.jpg
ソレルのカリブーにはこういう焦げ茶色のカラーもある。実はこげ茶はサイズがなく変えなかったので変色することを期待してベージュにしたのだが、大正解だった。

IMG_4302.jpg
2足目も終わった!
細かい所に残ったオイルを丹念に書き出しておかないとベタついたりカビが生えるそうなので念いりに行う。
ちなみに1週間たってもこの色ですよ~

IMG_4306.jpg
インナーを入れて、ヒモをつけて完成です。
オイル加工がないと、泥汚れ付着時の掃除が大変だそうですが、これでブラッシングだけで大方落とせるのでしょう。
あとはラバー用の保護スプレーをして完成です。

ミンクオイルを1回塗っただけでしっとりとし、皮はしなやかになりました。ベロ部分は特に柔らかくなっています。
確かに塗りすぎは禁物かもしれませんね。

これをやってから釣り用ブーツを別に購入してしまいました。
スキーもやらないしカリブーはどこで履けばいいのだろうか。履くのがもったいない~

スポンサーサイト

| その他 | 21:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |