ロード日記~3つの趣味を持ちましょう~

釣り、自転車、カメラなど趣味の日記です。 最近は自転車にはまってますのでこれがメインです。 その他、思いのままにあったことを書いてくブログです。

2014年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【完走】 BRM531神奈川600興津クラシック

前回の400kmに続き、とうとう600kmまで完走しました。タイムは食事睡眠とりまくりの39時間。これでSRにリーチです。
あとは200kmだけとなりました。
興津クラシックは昨年も参加しましたが、300km地点の伊那でヒザの痛みと尻の皮がめくれたことでDNFとなっていたので今回は完走できて感無量。

今回は対策もして、400kmもクリアしたことで自信もつき、2回目のチャレンジとなりました。なんでも、600kmの中では比較的イージーなレベルらしいですが、自分には天候含めて十分手ごたえのあるブルベでした。

□結果
Start駿河健康ランド 6:00
PC1セブンイレブン御前崎港店 9:18
PC2 サークルK天竜山東店 12:45
PC3サークルK東かなえ店 21:16
PC4セブンイレブン安曇野総合病院前 7:25
PC5ローソン山梨六郷町店 16:44
Goal駿河健康ランド 20:57

□PC1 (9:18)
5/31、高速で興津へ向かいます。途中、4時ごろに足柄SAにて吉野家へ入り牛丼を平らげ朝食とします。
やっぱり、ごはんがエネルギーになります。
明け始めた夜空が妙にガスっていてひょっとして曇りで走りやすいのか?と思いましたが、日が昇るにつれどんどん太陽が出て気温は上昇。
昨年は、上下アームウォーマにウィンブレでスタートしていたが、明らかに気温が高い。上下ジャージに日焼け防止のアームカバーのみで出走開始。ブーツカバーの類は必要ありません。

今年は大崩海岸が陥没閉鎖とのことで宇津野谷峠へ回ることになりました。迷いやすい道ですがスタート直後なので、人についていって、ちょこちょこと登ってなんなくクリア。
海岸沿いは昨年のように追い風強風ではなかったものの、そこそこ追い風で走ることができました。
昨年ミスコースした場所も通り過ぎ、PC1へ。峠があったこともあり、AVも26km/hはでなかった。
朝食から5時間経過し、ここでソバを食べて補給完了。貯金は2時間をゲットです。

□PC2(12:45)
ここからはグングン気温が上がっていき、掛川からの天竜川を溯上するルートに出るまではあっつい。
水分を切らさないよう意識して走っていきます。PC2ってあまり記憶にない。
しかし、ここでお昼ですし、100kmコンビニがないと言われた場所なので積極的に補給します。何食べたんだっけ?
東栄町付近に新しくコンビニができたらしいが・・・
貯金は3時間に増加。

□PC3(21:16)
ここからは好きな天竜川の溯上。新緑の木漏れ日の中、若干の登りを走るのはとても気持ちがいいです。
昨年は水辺は肌寒いレベルだったが、今年は暑い。しかし、日蔭と水のそばであることからやはり涼しげで気分がよかった。
16:17、大和金トンネルに入るR151の手前にある、昨年も立ち寄ったそば処「ゆばやし」へよった。あの女将さんがいて、軽く談笑。
今年は「みたらし3本」と「五平餅」を頂き、おなか一杯となった。みたらしのタレがめちゃめちゃ甘くて、水を飲みながら流し込んだ。焼きあがるまでは横になって目をつむりこの日初めての仮眠をとった。
みんなコンビニがないとかいうが、ここはソバ・うどんも食べられるのにほとんど人がいない。おいしいからお勧めなのにな。パワー回復して新野峠へ。

とにかく暑い。スマホでカーブの数を数えて登頂をめざして漕いで行きます。
18:49、新野峠頂上へ。昨年よりも20分ほど早い。もっと早いかと思ったがPC3到着が昨年同様だと仮眠について不安がよぎります。
でも、昨年はダウンヒル中に暗くなったが、今年は明るいうちに下ることができました。
下条まで下りきるとそこからアップダウンの開始です。
事前にルートラボで頂上の数とそこまでの距離を測っておいたため(確か9か所くらい)モチベーションを維持しながら、イヤにならずに39km区間をクリアして、PC3へ。
貯金は3時間。昨年は到着が22:30だったので1時間も早いです。
ここで、寝転がって仮眠していた人もいたので、ここでも夜食としてカップヌードルを食べてから、カベにもたれかかって30分ほどの仮眠をしました。

□PC4(7:25)
PC3を出てから4km以内に、マクドナルド、すきや、Cocosがあります。眠くはないのでここをパスして一路、伊那を目指します。
0:30ちょっと前、駒ケ根のとんこつラーメン屋を見つけ飛び込みました。食事よりも仮眠したかったのですが、0:30閉店という残念さ。ラーメンを注文し、他のお客さんがいなくなるまで10分ほど眠らせてもらいました。
気温は10度台に低下しており、体が冷えてしまったらウィンブレを着ないと耐えられません。しかし、レインウェアを必要とするほどの気温ではありません。

伊那まで来ると、昨年宿泊したホテルセンピアを横目にさらに1.5kmほど行くとAM5まで営業するガストがあります。
昨年は朝食を食べたところですが、今回はドリンクバーとポテトを注文して仮眠開始。クツを脱いでソファに横になっての仮眠はグッスリスッキリ。30分ほど寝たでしょうか。今回唯一の快眠ができました。
まだ、寝ている人もいますが、善知鳥峠を目指して走ります。

善知鳥峠直前のコンビニでホットコーヒーを飲んでいるとランドナーを発見。これに合流して、峠をまったりと超えます。5:00到着。
ここの気温が最も低くて確か10℃でした。
峠の下りはちょっと危険なダウンヒル。路面に穴やデコボコがあるためです。さて、ここからは未体験ゾーンです。

日が出てきて少し暖かくなり、サラダ街道をひた走ります。向かい風になっておりスピードが出ません。男女ペアの方の後ろにつかせてもらいますが、疲れてしまいなかなか前に出られません。そうこうしているうちにPC4へ到着しました。このころから手のひらが痛くてたまりません。
貯金は1.5時間に減少。

□PC5(16:44)
PC4ではたくさんの方が休憩中でちょっとびっくり。思い思いに寝ています。既に日が上がって気温が上昇を始めました。回りの方が気温がヤバイと話しをしていたのでウォーマー類を外して走り出します。
一人で走っているとだんだんと渋滞に。さらにまた眠くなり5分ほど仮眠します。まとまった睡眠が取れていないですね。
松本付近では道も悪く渋滞もあり、朝ごはんということでガストに飛び込みました。もうどんどん抜かれていて完全一人旅です。
ガストでモーニングを食べて軽く仮眠して再出発。塩尻峠は暑さもあって結構苦しかったですね。さらにその後の富士見峠も何度か休憩して水を飲みのみ登りました。

そこからは相当な距離が下り基調です。
13:39、道の駅蔦木宿へ避難し水の補給とアイスの補給です。ここには休憩所、温泉まであり、外にもイスが置いてあって一休みが可能です。ここで一緒になった方からバンダナに水をかけるとよいと聞きそれを実行しました。頭がキーンと冷えて超快適です。
あまりに暑いのでたまに自動販売機を見つけてはコーラやアイスコーヒーで胃袋を冷やしながらの走行になりました。
意識的に食事をバクバク食べているせいか、胸やけなどの摂食不良がなく食欲は快適でした。

韮崎あたりは、2週間前の富士大回りで走ったルートです。PC5へ到着するころは日も落ちて涼しくなりだしたころ。
途中のコンビニで大型バンドエイドを購入して手のひらに貼って走ります。手がとても痛いのです。手の皮がむけてしまったら大変ですが包帯かバンドエイドで迷いました。
貯金は1時間まで減少。間に合うか?

□Goal
ここまで来てギリギリなのか?ゴールできなきゃ悲しすぎる。残り68kmを5時間で走る必要があるのでAV14km/hです。
信号のないブルベ区間なら楽勝でしょう。一発くらいならパンクも大丈夫かも・・・などとイヤなことが頭をよぎります。
これから先は2回目のナイトランです。むやみにタイヤを突っ込んでパンクを招かないよう慎重に走るようにします。
富士川沿いのイヤらしいアップダウンは前回同様イヤらしい。救いは富士大回りの時は向かい風でしたが今回は違ったことです。下りのスピードを利用して登る走法で走りますが、はっきりいって飽きます。明らかに登れないのはダラダラと登ります。

あとから来た早い人に抜かれたり追いついたりしながらこの区間をクリアします。
富士川を下ってきたところにあった「スマル亭」で桜えびソバを食べて夜食完了。600円ナリです。
ここまで来て食う人ってあまりいないのかな。
おなかも満たされ一路ゴールを目指します。

富士川ICからはよく知る由比の旧宿場町までの旧道を走ります。由比って近いイメージがあったけど、蒲原から由比って以外と距離がある。しかも、結構旧な坂もあったりして、「なんでこんなところに!」という印象です。
いってこい清水で登らされたサッタ峠入口を横目に左にそれていきます。
初めての1号線横断。押しボタンを押すも遅い!長い!
信号が変わるまで後続が来てしまいあっという間に5台ほどに。
先頭で渡ったにも関わらず側道へ入りそこねて最後尾へ。以外と回す方達についていきます。ゴールまで3キロほど。以外と時間がかかります。事故を起こさぬよう慎重に、トレインを形成してとうとうゴール!
22時のリミットに対して20:57ほどと貯金1時間以上になる結果に。
結局最後はAV17km/hだったということ。

地下のフィットネスでゴール受け付けをし、念願のメダルを1000円払って申し込みます。
さらに、温泉を特別価格1300円(通常2000円)でゲットし、支度を終えたら速攻で風呂へGO。
暑いお風呂は長湯すると気分悪くなりそうだったので早めにあがって休憩しました。

本当の地獄は帰りの高速で仮眠をトータル4時間以上とって朝方、無事に家に帰宅できました。

聞いたところでは85名の参加のうち15名ほどがDNFだったとか。天気良すぎたんですかね~。
なにはともあれ、600km初完走で幕を閉じました。200kmは秋までないんだよね~。
スポンサーサイト

| ロード ブルベ | 00:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。