ロード日記~3つの趣味を持ちましょう~

釣り、自転車、カメラなど趣味の日記です。 最近は自転車にはまってますのでこれがメインです。 その他、思いのままにあったことを書いてくブログです。

2015年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【試乗】SUV ボルボ XC60

VOLVO XC60 T5 SE

以前、V40/V60でいいイメージがなく、なんとなく避けていたVOLVO。
SUVを検討していて改めてVOLVOに乗ってみようということになり、ディーラーを訪れた。V60とXC60はLuxuary Edisionを出しており、本革シートが少しお得になっている。(569万)
本来は4WDがよかったが、試乗車としてXC60 T6 AWD SE(649万)はなかったため検討できず。
FF車としちゃちょっと高いかな?

【エクステリア】
ボルボの特徴であるフロントグリルはなかなかよい。おとなしすぎずハデすぎず。タイヤは60の18インチタイヤ。最近の外車には珍しいへん平率のタイヤだ。これがかなり乗り心地に影響している。リアウィンドウは結構広く、バックミラーの視認性はよい。フロントウィンドウは思ったより寝ておらず、ミラーの位置も目線に入らない位置にあり、いい感じ。
ただし、ボンネットはミニバン的にスラントしており、結構前が見えない。

【インテリア】
シンプルなVOLVOのインテリア。ゴージャスさは少ないが、必要なものはあるという感じ。ヘッドクリアランスは十分で、リアシートのクリアランスも広いし、シートを倒すとほぼフラットになる。トランクには、モノが移動しないようにするようにするためのカベのようなものがある。
パワーゲートはないようだ。
このエディションのちょっと残念なのは、外装にクリスタルホワイトパールを選択すると、内装がベージュになってしまう。皮シートのバックシートは合皮らしいので簡単に汚れを落とせるそうだ。前席・後席ともに乗り降りはしやすく、VWトゥアレグで感じたような登る感覚はない。皮シートはハリがあるタイプである。ヘッドレストは固定されており動かすことはできないが、ホールド性がよくよい感触だった。

【試乗】
非常にソフトな乗り心地だった。重量のせいか、タイヤのせいかややふわっとした乗り心地。ボルボの2Lターボは騒々しい印象しかなかったのだが、XC60は驚くほど静か。走行中も踏み込み時も静かな印象。
1.89mの車幅は幹線道路でも大きい感覚はない。まあ、慣れてきたというのもあるかな。
ACCの加減速も違和感なく、よくできた印象。このあたりはメルセデスよりも優れていてボルボは一日の長があると思う。安全装備を標準にするのは正当な装備だ。
アクセルの重さもよい重さで好印象。フットレストが広いのもいい。
8速DCTの変速はスムースで変速ショックはほぼなかった印象。ただし、パドルシフトでの減速時にはあまりエンブレが効かず回転数があがるだけだった。

【見積もり】
本体 569万
オプ 0
諸費 64万(22万は保障延長とメンテ延長)
総額 633万

値引きは30万あるかどうかといったところ。
残価ローンは保障タイプではないが、5年払いだと20%しか据え置けない。下取りはあまりよくないのだろうか。金利は1.9%で外車ディーラーでよくある金利である。
ボルボは今後XCにディーゼルを持ってくるかもしれないとのこと。いずれにしてもこれから注文するのは2016年モデルである。
もし、AWDのT6 AWD SEにすると、総額は約700万か。イヴォークのDYNAMICとほぼ同額だが、質感や満足感はイヴォークのほうが上かな~。でも、実用性は間違いなくこっち。
スポンサーサイト

| 車 試乗 | 23:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT