FC2ブログ

ロード日記~3つの趣味を持ちましょう~

釣り、自転車、カメラなど趣味の日記です。 最近は自転車にはまってますのでこれがメインです。 その他、思いのままにあったことを書いてくブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【試乗】SUV レンジローバー イヴォーク

RANGE ROVER EVOQUE

セダンを一通り乗ってきて、ふとSUVってどうなんだろう?と思った。
新しくできたジャガー&レンジローバーのディーラーが近くにあり、ふと気になって調べてみた。
ジャガーは新型XEが発表直近であり、XFも来年にでるだろうと言われていた。ジャガーは新型待ちのため見るべきものはないのだが、隣に展示されていたレンジローバー イヴォークがカッコよくふらっと入ってしまった。場所はみなとみらいである。

イヴォークはマイチェンが既に発表されており、2015年度モデルは既にオーダーストップになっているとのこと。現在は、在庫限りだが、値引きも出せるらしい。新型は9月頃に到着とのことだ。

【エクステリア】
カッコいい!初めてSUVを見て欲しいと思ったクルマです。一歩間違えればガンダムになりかねない、それでいてエキセントリックなライン使い。収納性を犠牲にしてまで、ボディサイズをショートにして4ドアクーペにした潔さ。
前から見ても後ろから見てもロー&ワイドなルックスで、自分の考えていたごっつくダルでノロいSUVのイメージを根底から変えてくれたクルマです。

あまりに知識不足だったためか、こんな単純にSUVっていいかも?と思った次第。街中でもめったに見ることのないイヴォークは注目度も高いでしょう。女性からみたらどうなのか知りませんが。

【インテリア】
グレードはPure/Dynamic/Prestage/AutoBiographyの4つ。実質、ピュア、ダイナミック、プレステージから選ぶことになるが、ピュアとその他は150万の価格差がある。装備から言っても、Prestageがおすすめになるとのこと。
Dynamicは20インチタイヤを履いており、確かにカッコはいいのだが、乗り心地が心配なのとタイヤ代金がかなりかさみそうだ。
プレステージの本革シートはレクサスのセミアニリンと同等のしっとり系の極上シートである。

イヴォーグの内装は非常にここちよい豪華さだと思う。チープな部分がおよそ見当たらない。ダッシュボードは柔らかな皮で覆われ、ドアハンドルから何から皮で包まれているが、汚れがつきにくいように足元はダークな色使い、シートはブラウンにするなど個人的に好きなパターンで好感が持てた。

ナビについては、DVDなのが残念だが、次のイヴォークはDVDではないらしい。使う分には問題なさそうである。
後席もやや圧迫感はあるものの、なんとかヘッドクリアランスも確保されている。後席のアイポイントは前席より高いらしくそのおかげか閉塞感が改善されている。

ただし、リアの窓はかなり高い位置にあり、子供には外が見えないかもしれないね。
また、バックミラーから見える後ろの景色はタテに狭く、ランボルギーニか?と思うくらい狭かった。

トランクは横方向が狭く、あらゆるSUVの中で最も狭いかもしれない。ショートボディであるが故だが、後席は倒せるのでそれなりの容量は確保できる。

【試乗】
190cmの車幅は自分にとって初めて。本当に大丈夫か?と思ったが試乗車として用意されたPure 18インチに試乗だ。
エンジンをかけると、例のダイヤルタイプのシフトレバーがうぃーんと飛び出してくる。カッコいい!壊れたらどうすんだろうとか考えてはいけない。
ダイヤルをクリッと回してDレンジに入れる。静かに発信し、道路の段差を降りるとコトッといういい感じの振動を感じた。かなり好感触。
イヴィークは乗り心地が硬いとのことだが、18インチタイヤのおかげか非常に好ましい乗り心地だった。確かに路面のガタガタがある場所では収束できない振動があったが、おおむね満足のいく状態だった。

気にしていた後部の視界もミラーに映る範囲が全てなのであまり問題とは感じなかった。これは状況によるのかもしれない。ターボの効きや加速感もどっかんではなく、下から均等にトルクをかけるような挙動。静粛性も高いと感じた。
今回は高速道路での試乗はできなかったが、次回は後部座席に乗って乗り心地を試してみたい。

欠点といえば、サイドミラーかもしれない。サイドミラー前の三角が見えないのだ。営業マンによるとこれでも小さくなったほうだという。 

【見積もり】
現在は、新型イヴォークの見積もりは依頼していない。もうちょっとしないとオプション等の詳細が資料として出てこないらしい。仕方ないので在庫の中からピュアとダイナミックを選んでもらった。

Dynamic フジホワイトソリッド、テクノロジーパック
本体 624万
オプ  52万
諸経 48万
総額 724万

Pure フジホワイトソリッド、Pureテクノロジパック、パノラマ、シートヒータ、エボニーヘッドライニング、プライバシガラス、パワーテールゲート、18インチタイヤ
本体 478万
オプ 95万
諸経 47万
総額 620万

まあ、在庫限りなのでホワイトのプレステージはないようだ。値引きは約30万ほどとのこと。
新型も納期はだいぶ改善されて、3か月から半年だそう。

プレステージの19インチタイヤをはいたものが今回と同じようなインプレになるのだろうか。わからないが新型が登場したらぜひともまた試乗したい。
イヴォークは故障や修理に関する情報が少なくそこが心配ではあるのだが。
スポンサーサイト

| 車 試乗 | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fishandroad.blog40.fc2.com/tb.php/175-fd8e4b76

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。