FC2ブログ

ロード日記~3つの趣味を持ちましょう~

釣り、自転車、カメラなど趣味の日記です。 最近は自転車にはまってますのでこれがメインです。 その他、思いのままにあったことを書いてくブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Halo HeadBand

HALO I - tie version
HALO II - pullover


最近、30℃超えの日々が続いている。まだロングライドはしていないのだが夏に向けて汗止め対策をしたくなってきた。
もともとはサマーキャップを被っていたが、あれってフリーサイズしかなくて頭の大きさに合わなくて頭痛がしてくる。あと通気性の問題で蒸れるため使うものを変えてきた。

サマーキャップ→冬スカルキャップ→Campagnoloバンダナ

ときて、手軽さからバンダナで落ち着いていたのだが、これも暑いしやっぱり頭が蒸れる。ただ、バンダナは水で濡らせば気化熱を利用できるのでいい面があるのは理解しているがそれにしても暑い。
そこで、シンプルなヘッドバンドを探してたところ3つから選ぶことにした。

1.Assosサマーヘッドバンド
2.Castelliサマーヘッドバンド
3.HALOヘッドバンド

ググってみるとAssosは耐久性と品質に難あり、castelliは色が赤のみでちょいと目立ちすぎ感が・・で、最終的にはほとんど情報のない以下の商品を買うことにした。

Halo Headband
haloiibandw.jpg



HALO I - tie version(写真下、ブルー)
HALO II - tie pullover(写真上、ホワイト)

IMG_1868.jpg
ググってもほとんどレポがないがあればGoodという意見が多数。ならば買ってみようかなと

□特徴
特徴はバンダナの内側に汗止めラインが入っていて上からの汗をサイドに流してくれるというもの。国内ではAmazon等で買えるがハチマキタイプのものしか買えない。しかも2000円くらい。
しかし、米国では様々なタイプがあり写真ようなバンダナタイプもある。
IMG_1869.jpg

□注文方法
本国サイトのディストリビューター一覧に日本の代理店がないので、一般店舗にはなさそうだ。大手スポーツショップ数件回っても「ハロ?聞いたことありません」だって

以下の本家サイトでアカウントを作り、住所をJAPANにして普通に注文する。
ちゃんと日本まで発送してくれるので2本購入してみました。

http://www.haloheadband.com

$12.95 HALO I - tie version (ハチマキタイプ)
$12.95 HALO II- PullOver  (バンドタイプ)
$3.95 送料
----------------------------
$29.85(1$=80円として2400円)

http://store.haloheadband.com/v/vspfiles/assets/images/haloiibandw.jpg

このほかにもスカルキャップや、幅の広いスーパーワイドなるものもあるがワイドはかなり頭が大きいらしいので今回はヤメた。

□インプレ

IMG_1870.jpg
気になる厚みはこれくらい。テニス用とかのコットンタイプよりも薄い。メット下でも気にならない。
PullOverは自分の頭(メットサイズはL)にはややキツめだったが、心配していた頭痛やこめかみの痛みは発生しなかった。
この黄色いライン状のものが汗止め。見た目は硬そうに見えるがスポンジのような素材でできていて柔らかい。装着してもその存在はほとんど分からないし特に違和感も感じなかった。

IMG_1871.jpg
裏側の生地は起毛タイプでルーべのよう。

IMG_1872.jpg
IMG_1873.jpg
折りたたんでみたところこのような小ささになった。ロングライドではもう1本をスペアとして持っていっても気にならない。(実際は必要ないことが分かったのだが)

□感想
ホワイトのPullover versionをつけて、150kmのライドに出かけた。個人的にはバンダナとは以下の点で違うと感じた。
バンダナは広い面積で汗を吸って、蒸発させるため汗がダラダラたれてくることはなかった。しかし、HALOは素材的にも汗を吸うキャパが少ないためひたすら汗がポタポタ流れる。

ただし、汗止めラインがあるオデコ付近から垂れることはなかった。汗は全て両サイドに流され汗止めラインがなくなるこめかみ付近から一気に落ちてくるのだ。
ここにはメットのヒモがあるためヒモがビショビショになり、ヒモを伝って相当量の汗が下に垂れていた。

上記は道志みちおよび、あざみラインを上っているときなのでかなり運動量が高く速度が低い場合である。
しかし、当然、風を受ければメット下の通気性はいいのでとても涼しい。

また、水で濡らして頭につけると頭がスッキリする(というより冷たくてキーンとする)くらい冷えて非常に気持ちがよかった。
あと、素材が薄いため休憩中でも乾いてしまうのでわざわざ予備を持っていく必要はないと感じた。

結果的に体感する汗の量はHALOの方がバンダナより圧倒的に多い。ただ確実に目には入らないし、吸った汗は蒸発させずに下に落とすような動きをしていると感じた。どちらがメット内を衛生的に保てるのかは分からないが、バンダナは覆っているためか頭の温度が上がっているように感じたがHALOにはそれがない。
それだけでも快適だろう。

ちなみにHALO Tie Versionの付けかただが、伸びる素材なので後ろで1回結びするだけでしっかり止まるようになっている。
この週末は富士五湖1周100km走をするのでまた試してみよう。今回の買い物もなかなかGOODでした。
スポンサーサイト

| ロード ウェア | 23:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://fishandroad.blog40.fc2.com/tb.php/85-988627f4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。